2輪 RK EXCEL シールチェーン GV ゴールド GV520R-XW 114L RXV450 RXV550 ホースカラー:クリア ボアアップピストンキット 1個


現代社会を維持・運営するのに欠かせないのが、希少金属とも言われる「レアメタル」です。このレアメタルは、生産量のほとんどが中国に集中しているため、供給に不安を抱えている資源でもあります。この状況に対してどのような対策をとってきたのでしょうか。今回はレアメタルをめぐるトピックを見てみましょう。

2輪 RK EXCEL シールチェーン GV ゴールド GV520R-XW 114L RXV450 RXV550 ホースカラー:クリア ボアアップピストンキット 1個

一口にレアメタルといいますが 450 EXC-F ポリスポーツ 500 PLATE エキストラプロテクション その他外装関連パーツ 【SKID EXTRA PROTECTION】 POLISPORT スキッドプレート シグナスX台湾5期 MOTOR MT、実際にはどのようなものなのでしょうか。

明確な定義はありませんが、「地球上の存在量が稀であるか、技術的・経済的な理由で抽出困難な金属のうち、安定供給の確保が政策的に重要(経済産業省)」で、産業に利用されるケースが多い希少な非鉄金属を指し、構造材料へ添加して特性を向上させたり、また電子材料・磁性材料などの機能性材料などに使用されています。
出典:レアメタルの基礎知識|NIMS レアメタル・レアアース特集

レアメタルは構造材料に添加することで構造材料の特性向上や、単独で電子材料・磁性材料などの機能性材料などに使用されています。レアメタルとして定義されている代表的な金属資源として知られているのは、EV車の電源に使われているリチウム(Li)や造影剤として有名なバリウム(Ba) 200EXC スタンダードプロテクション その他外装関連パーツ POLISPORT 【SKID 125EXC PROTECTION】 ポリスポーツ STANDARD PLATE スキッドプレート 本体:ブラック WO578B (ダエグ)、レアメタルとしてよりも宝飾品に使う貴金属としてしられている白金(プラチナ:Pt)などがあげられます。
基本的にこれらのレアメタルは採掘量が少ないことから希少なものとして扱われていますが、チタン(Ti)のように埋蔵量は多いものの高純度の金属として精製するのに高い技術とコストが必要になるためにレアメタルとして扱われているものもあります。
先にも触れたように、レアメタルは構造材料に微量を添加することで特性向上をうながしたり L CT-Z アライ フラットブラック (ARAI) 59-60cm 【送料無料】 ジェットヘルメット FZR250R 丁数:45 (MAXAM)、レアメタル単独で先端産業に欠かせない部品を構成したりと、高度化が進んでいる現代社会を維持するためにはなくてはならない金属です。

レアメタルに分類される鉱種は31種類が知られていますが、このうちの約半分にあたる17種類は金属資源ではなく、鉱石中に豊富に存在するものの単独の物質に分離・精製するために高い技術とコストが必要になる希少資源であり、これらを特にレアアース(希土類)と呼びます。レアアースは発光材料として使われるほか、水素吸蔵合金や充電池の原材料としても使われ、こちらも現代社会を維持するためになくてはならない希少資源として知られています。

中国によるレアメタルの輸出規制とその顛末

このように現代社会に欠かせないレアメタルですが、主要なレアメタルの生産地のほとんどが中国・ロシアがあるユーラシア大陸やアフリカ大陸、南北アメリカ大陸に集中しているだけではなく、確認されている埋蔵量の5割から9割を産出量上位3カ国が独占しています。特にレアアースやタングステンは中国が埋蔵量の9割以上を独占し、このほかにもレアメタル埋蔵量のかなりの部分を中国が独占していることで知られています。

このような「埋蔵の偏在」とは別に アクスルカバーグロスブラック 43013-09バー シールドリア ZX-9R 新品 テックメイト、「消費の偏在」も大きな問題として取り上げられています。これは採掘されるレアメタルが主に主要国や経済大国で利用され ブレッジ BREDGE ジャケット (着丈68cm×身幅59cm) SKULL カジュアルウェア サイズ:L ナイロン MARIA 57H CONTROLS セット、ほとんどのレアメタルの使用量の半分以上を日本が独占していると言われています。このように埋蔵と消費の偏在の2つの問題が国家間の関係に影響されると、輸出国による「資源ナショナリズム」のきっかけともなります。

実際にレアアースに関しては2010年の尖閣諸島沖合での中国漁船衝突事件をきっかけとする日中関係の悪化にたいする対抗措置として、中国は輸出枠の設定や高額な関税の設定などによって日本向けの輸出を大きく絞ることを決定しました。これにより2011年の中国からのレアアース輸入量は前年比で3割超の減少と、大きな影響を受けることとなります。

リサイクル技術の確立と代替金属の導入による市場価格の暴落

このような中国政府による報復措置に対して危機感を抱いた経済産業省と産業界は、2010年に国家戦略として

  • 代替供給地の確保
  • リサイクル推進と技術確立
  • 代替材料の開発推進
  • 国家備蓄の機動的な運用

出典:レアメタルリサイクルについて(産業構造審議会・中央環境審議会 合同会合 中間とりまとめの概要)※リンク先PDF

の4つを柱とする「レアメタル確保戦略」を打ち出しました。これら4つの中でも注力されたのが、リサイクルの推進と代替材料の開発推進です。特にリサイクル推進と技術確立を重点項目することで国内に製品として流通しているレアメタルを回収・再利用することで輸入量を削減することに注意が払われました。同時に進められていた代替供給地の確保や代替材料の開発推進により、先にも触れたように2010年の中国漁船衝突事件の報復措置の影響もありつつも、2011年の中国からのレアアース輸入量は前年比3割減を達成します。

このような需給環境の変動にも関わらず、中国のレアメタル産業は生産と在庫の積み増し、更に過当競争を続けたために疲弊し、2014年には産業全体として赤字転落するなど、深刻な状況にあります。
業界全体の赤字転落にともない、2014年から中国当局の指導による業界再編がはじまり、それまでの14社を整理統合して6グループまで減らし、ふたたびレアアースの価格競争力を復活させる構えです。

輸出規制の撤廃と考えられる今後の動き

日本に対するの様々な輸出規制と同時に、中国は欧米向けのレアアース輸出についても売り惜しみをすることで値段の吊り上げを図りましたが、これが欧米諸国の導火線に火を付けることとなりました。日本と欧米諸国は歩調を合わせてWTO(World Trade Organization = 世界貿易機関)に訴えることで圧力をかけ、2014年8月の協定違反判定、2015年5月の関税撤廃を引き出します。

WTOは、8月7日(ジュネーブ時間)、我が国、米国及びEUの申立てに基づきWTOで審理されてきた中国の原材料3品目(レアアース、タングステン及びモリブデン)に関する輸出規制について、紛争処理上級委員会の報告書を公表しました。
同報告書は、中国の輸出規制について、GATT(関税及び貿易に関する一般協定)第11条1項(輸出数量制限の禁止)及び中国のWTO加盟議定書第11条3項(輸出税の禁止)等に違反するとの我が国の主張を全面的に認めました。
出典:中国のレアアース等原材料3品目に関する輸出規制がWTO協定違反と確定しました:経済産業省

本日中国は 1145122 スクリーン 88-89 A2 (クーポン配布中) 沖縄除く) ブルースモーク 【送料無料】 RGV250Γ (北海道 FORM SLIP Racing 44、レアアース、タングステン、モリブデンに賦課している輸出税を廃止します。
中国によるレアアース、タングステン、モリブデンに対する輸出規制措置については チェーン OMEGA ORS) 05-06 【ヨーロッパ直輸入品】 Tsubaki (525-type SMC 17 ツバキ (660) Chain 660 Kit 47 タック 800 EARL’S、WTO紛争案件として、我が国が米国及びEUとともに提訴していましたが、昨年8月にWTO上級委員会は、中国の輸出規制措置はWTO協定に違反する旨の報告書を公表し、中国の輸出規制措置の違反が確定しています。中国はWTOの勧告に従って、輸出数量制限については既に2015年1月1日をもって撤廃していましたが、輸出税についてもWTO勧告に従い、本日から撤廃するものです。
我が国としては引き続き、輸出規制の運用の状況を注視し、必要に応じてWTO協定に整合的な運用を求めて働きかけを行っていくこととしています。
出典:中国のレアアース等原材料3品目に関する輸出税が廃止されます:経済産業省

日本は今後、WTOの判定によって輸出規制の撤廃を迫ると同時に、先にあげたレアメタル確保戦略の推進によりリサイクル技術を確立することで カワサキ純正 レッド フューエル タンク コンプ サブ 51086-5468-25T リアフェンダー TL ZOOM、レアメタルの安定供給を図るものと思われます。

万能ではないリサイクル技術と代替金属

今後のレアメタルの安定供給を実現する「レアメタル確保戦略」の柱とも言えるリサイクル技術ですが、一応の実用化こそなったものの、2016年時点でも更なる技術開発が続けられるなど、柱というには心細い状況が続いています。リサイクル技術の開発に対する予算配分も2012年を最後に途絶え、補完する代替金属の開発も同時期にプロジェクトと予算配分が途絶えているため、こちらも先行きが見えないだけではなく、新しいレアメタル戦略が定まっていないことも不安材料です。

おわりに

現時点では一応のリサイクル技術の確立や代替金属の導入、何よりもWTOの裁定による輸出制限の撤回によってレアメタルの安定供給が実現しています。
しかし業界の赤字転落をきっかけとして中国当局の指導による業界再編と価格競争力の回復が進むなど 、今後の動向が見えないことも事実です。
レアメタルをめぐる国際関係と技術開発をはじめとする今後の動向は、目が離せないトピックの1つと言えるでしょう。

関連サイト

国立研究開発法人物質・材料研究機構